シュウメイギク
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ
        2019年 秋 ( 6 )  *  
 201  風木の 悲しみ深き 秋彼岸
      風樹の嘆(韓詩外伝)より
 202  秋彼岸 逢うに逢えざる 人ばかり
 203  あの世にも 顔出しにゆく 秋彼岸
 204  秋彼岸 ちちははの霊 安かれと
 205  秋彼岸 死して逢ひたき ひとひとり
 206  心して 心を洗ふ 秋彼岸
 207  なが胸に なでしこの花 咲くやうに
 208  朝は白 夕べは紅の 酔芙蓉
 209  秋明菊 ふたつ寄り添ふ やうに揺れ
 210  竜胆の 開きてよりの 照り翳り
 211  荒地にも 厭ふに栄ゆる 葛の花
 212  里過ぐる 風のたまり場 真くず原
 213  農夫這ふ いもの葉茂る 痩せ畑に
 214  みな笑ふ 案山子にとまる 雀ゐて
 215  落つる日に 影も棒立ち 案山子かな
 216  日と水と 土の恵みや 稲を刈る
 217  稲刈りて 狭さきはだつ 棚田かな
 218  いなご煮の 中に貌あり 物凄し
 219  秋の蚊の 耳元せまる 羽の音
 220  あぶれ蚊や 世に嫌はれて 世にすねて
 221  クラインの 壺に迷走 みみず鳴く
 222  鳴く虫や 三匹寄れば 蟲となり
 223  耳だけは さえて寝つけず 虫しぐれ
 224  こほろぎの 鳴き通してや 夜も寝ねず
 225  こほろぎの 闇にこほろぎ 病みて死す
 226  邯鄲や 死んでゆく日も 句を作り
 227  すぐ耳の なれて寝ねたる 虫の宿
 228  青さんま 焼かれて失する 海の青
 229  海の香の 立ちて秋刀魚の 焼きあがる
 230  さんま焼く 九尺二間の 裏長屋
 231  ありてなき 計画ありて 旅の秋
 232  ゆきあひの 汽車に乗りてや 秋の旅
 233  幸福の 鳥を探して 旅の秋
 234  目で食べて 舌で味はふ 秋料理
 235  宿の秋 季のもの多き お品書
 236  道絶えて 花野に続く ひとところ
 237  登高や 天与の空を 仰ぎける
 238  登高や 雲呼びやすき 頂に
 239  胸内に 秀峰ありて 登高す
 240  神木を 仰ぎて天の 高き知る

       2019年 秋(5)へ  TOPへ  2019年 秋(7)

     俳 子 の 俳 句 横 丁


 2019年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
        / 9 / 10 / 11
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16
        / 17 / 18 / 19 / 20
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13 / 14
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5

 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年… 俳子の俳句横丁 INDEX 1