蘆の絮
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ
        2019年 秋 ( 12 )  *  
  441  栗鼠の餌や 枝先乾く しめじ茸
 442  残る虫 鳴かざるときは 闇を噛む
 443  たをやかな 母語に親しむ 秋の夜
 444  つくづくと 雨の音聞く 秋の夜
 445  長き夜に 灯りともして 内航船
 446  寝ごころに しづむ吾子にや 長き夜
 447  長き夜や こじれ話の ほぐれそむ
 448  長き夜や 句屑ばかりを 積みあげて
 449  灯をともせ 闇の秋寂ぶ 夜なれば
 450  柳散る 池面に枝の 垂るるまま
 451  穭田や みのりがあとの 香をとどめ
 452  一草に あまたのいのち 穂絮飛ぶ
 453  一の堰 二の堰越えて 秋出水 台風19号
 454  秋出水 ところかまはず 川激し
 455  竜神の 荒ぶるままに 秋出水
 456  川下に 水漬く家々 水漬く稲
 457  秋出水 川より低き 土地ばかり
 458  故地が川 遡上の鮭の 鼻曲る
 459  いづこにも やりどころなき 秋の憤
 460  褒められも 貶されもせず かりん熟る
 461  かりん熟る 吉相なるを 選りて捥ぐ
 462  懺悔して 改めざるも 梅擬
 463  胸奥に たぎる怨情 石榴裂く
 464  実ざくろや 口は裂けても もの言はず
 465  石榴裂く こころの傷も かくのごと
 466  一木に つがるきおうの 林檎熟る
   リンゴは接木して育てることが可能なので、
   一木から色の違うつがる(赤)ときおう(黄)を収穫することもできる。
 467  禁断の林檎や まろく実の熟れて
 468  秋深し 森の奥より 鳥のこゑ
 469  悠揚と して深秋の 有馬富士
 470  深秋に 摩耶の山てふ 御神体
 471  深秋や 声なきを聞き 風を見る
 472  深秋の 神戸やレトロ モダン街 神戸旧居留地
 473  深秋に 独生独死 独去かな
   人在世間愛欲之中 独生独死独去独来(「仏説無量寿経」)
 474  歩をとめて秋 ふりむきて秋深し
 475  秋深し 醤油一滴 千の味
 476  菊花開く 令和元年 即位礼
 477  菊のほか 纏ふものなき 鎧武者
 478  貴女めくや 切り花菊を 選りをれば
 479  菊の秋 愛を得たれば 香も深く
 480  露深し 小学校の 火入れ式 六甲山小学校

       2019年 秋(11)へ  TOPへ   2019年 秋(13)

     俳 子 の 俳 句 横 丁


 2019年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
        / 9 / 10 / 11
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16
        / 17 / 18 / 19 / 20
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13 / 14
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5

 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年… 俳子の俳句横丁 INDEX 1