ひこばえ
 
      
   茶摘み葉
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ
       2019年 春 ( 16 )   *  
 601  色あらば 萌黄色なる 春の夢
 602  春眠に つづく永眠 大往生
 603  合掌や 春剥落の 如来像
 604  若きより 春混沌を 愛しけり
 605  切り口の 美しき年輪 ひこばゆる
 606  年輪は 大樹のあかし ひこばゆる
 607  ひこばえを 避けてぞおろせ 老が腰
 608  色若き 茶葉先二寸 摘み頃に
 609  爪たてず 三指が腹で 茶の葉摘む
 610  掛けし布 とりてかぶせ茶 摘みにけり
 611  牧広し 馬柵に沿ひて 青き踏む
 612  踏青や 縦に歩めば あかさたな 六甲山牧場
 613  踏青の 行きつく先は 空の青
 614  遍路宿 足に三里の つぼありて
 615  寝て喰おか 座りて喰おか うまごやし
 616  野遊びに 飛騨春慶の 弁当箱
 617  草餅の 小さきをふたつ 平らげて
 618  穏やかな 空を残して 落雲雀
 619  畦塗るや 土をてかてか 光らせて
 620  枯葉より 脂ぎりたる 春落葉
 621  春落葉 踏みて滑落 尾根が道
 622   うんらいまつ  ふうらいまつ
 雲来末 風来末の 葱坊主
 623  鬼あざみ 鬼が隠れりゃ 姫あざみ
 624  だるまさん だ〜るまさんが 座禅草
 625  花なのか 花でないのか 松の花
 626  松の花 古雅を愛する ともがらに
 627  肝心に 要ありけり 松の芯
 628  ドロップの 缶の底ひに 残る春
 629  それぞれに 謎また多き 春の果
 630  戦なき 御世でありしを 誇る春
 631  青き踏む 昭和平成 令和へと
 632  昭和の日 折れし歴史を 復せざる
 633  新たなる 御世より遠し 昭和の日
 634  春闌けて 昭和の匂ひ 残る街
       神戸元町商店街
 635  平成は 食足世平 春終る
 636  平成の 名残りの春も あとひと日
 637  平成の 光や影や 末の春
 638  平成の 最後の春を 惜しみけり
 639  灯の消えて 嗚呼平成の 春逝けり
 640  古池に 石を放りて 春逝かす

      2019年 春(15)へ  TOPへ   2019年 夏(1)

     俳 子 の 俳 句 横 丁


 2019年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
        / 9 / 10 / 11
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16
        / 17 / 18 / 19 / 20
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13 / 14
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5

 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年〜2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011〜2014
 2003年〜2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1