須磨浦公園内にある
         与謝蕪村句碑
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ
       2019年 春 ( 15 )   *  
 561  抜くはずの 足が手強き 春泥へ
 562  幾たびも 春を重ねて 荒城に 滝山城址
 563  春霞 港の船の 見ゆる丘
 564  折り入つて 話をすれば 春の雷
 565  春雷や 空のほころび 見えそめて
 566  物置けば あるかなきかの 春の影
 567  春の闇 匂やかにして 艶やかに
 568  春闇に 秘して大聖 歓喜天
 569  春闇を 潜めて静か 武者隠し
 570  春闇に 遺墨かするる 芸の道
 571  優るると 思ふ心が 春の闇
 572  かなしみは 春の闇より 忍び寄る
 573  後悔の そのまた先の 春の闇
 574  春闇や 死神白き 手をかざす
 575  春闇や 真に深きは 人の闇
 576  春闇や 闇は光で 照り出せず
 577  春闇や 夢に疲れし 人となる
 578  前よりか 後ろよりかや 春の闇
 579  前よりも 後ろに多き 春愁ひ
 580  なんとなう 春の愁ひに とり憑かれ
 581  春愁の 心のはしを 風抜くる
 582  大脳の 奥処にひそむ 春愁ひ
 583  春愁の 心のはしを めくるかに
 584  観音の 手よりこぼるる 春愁ひ
 585  老愁は 春愁に似て とりとめなし
 586  春の鬱 狂気正気の 境目に
 587  春の鬱 あなかしこ〜や あなかしこ
 588  春昼や 移り欠伸を 笑ひあふ
 589  春昼の 舟打つ波や 音眠し
 590  花虻の 羽音静もる 昼下がり
 591  春昼や 貧乏坂を だらだらと
 592  春浪や 胎児が浮かぶ 母の海
 593  長久の 母より母へ 春の浪
 594  春浪や 妊婦は古時の 夢をみる
 595  母と子の 見たる太古の 春の浪
 596  魚なりし ころのデジャブか 春の浪
 597  転生の 果ては劫初の 春の海
 598  十五歳 ちょっとブルーな 春の海
 599  巻貝の 化石となりて 春眠る
 600  巻貝の 洞に音満つ 春の磯

      2019年 春(14)へ  TOPへ   2019年 春(16)

     俳 子 の 俳 句 横 丁


 2019年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
        / 9 / 10 / 11
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16
        / 17 / 18 / 19 / 20
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13 / 14
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5

 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年〜2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011〜2014
 2003年〜2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1