カエデの花
 
           
  エンドウマメの花
 
        
 メトロこうべ地下街壁画
   「トリック de アート」
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ
       2019年 春 ( 14 )   *  
 521  目覚むれば 雨に濡れたる 花海棠
 522  青柳や 科で色だす 芸妓衆
 523  母子草 子らの遊ばぬ 町となり
 524  受粉せし 雌しべ残して 椿落つ
 525  落首か 赤渋色の 落椿 丹生山系・稚児ヶ墓山
 526  稚児塚や 椿は落ちて 空に向く
 527  濃山吹 ここを抜ければ 平家陣
    鵯越筋を南下すると、福寿院に至る。福寿院の山吹は、ひときは濃い。
    ここを更に南下すると、平家山の手陣のあった清水町(兵庫区)に出る。
 528  達者かと 訪ねてみれば 豆の花
 529  川の辺に 開きし畑や 豆の花
 530  飛べば蝶 とまれば羽衣か 豆の花  
 531  花楓 葉裏にかえる ブーメラン
 532  花楓 葉擦れの風に 揺れもせで
 533  小さき花 群がり咲きて 雪柳
 534  君が手の 触れなば散らむ 黄山吹
  「鴬の 来鳴く山吹 うたがたも 君が手触れず 花散らめやも」(大伴池主)より
 535  遠き日の 母のまなざし 春日傘
 536  暖かや チャップリンの 似合ふ街 神戸・新開地
 537  暖かや 嘘でもいいの このままで
 538  うららけし けふの命を 明日に継ぎ
 539  待つといふ 形に咲きて 勿忘草
 540  待ち人は 来たらず庭に 蓬生う
          『源氏物語』第15帖より
 541  我を見る 猫や瞳に 春思満つ
 542  胡蝶追ふ 夢のかけらを 追ふごとく
 543  岐阜蝶の 去りて光の 渦残る
 544  蜜まみれ 花粉まみれの 蜂飛べり
 545  木によりて 木より離れず 春の蝉
 546  松蝉の つたなき声を 遠く聞き
 547  虻舐むる死肉や 匂ひ強くして
 548  亀鳴くや 尻尾の先まで 泥臭く
 549  永き日や こころ安らふ こともなく
 550  帰路の歩の ゆるやかにして 春の暮
 551  うちひらく 唇紅し 春の夜
 552  哀しくも 美しき都や 花朧 福原京跡
 553  山際の 朧をぬぎて 月昇る
 554  朧夜や 平家が兵の 鬨の声
 555  朧てふ 老が細道 奥の道
 556  月出でて 闇に芯なき 朧かな
 557  形なき ものに乾杯 闇おぼろ
 558  朧々の 春に溺るる 老俳子
 559  耶蘇なるか 陽炎の海 踏み来たる
 560  たんぽぽの 絮かケサラン パサランか

      2019年 春(13)へ  TOPへ   2019年 春(15)

     俳 子 の 俳 句 横 丁


 2019年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
        / 9 / 10 / 11
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16
        / 17 / 18 / 19 / 20
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13 / 14
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5

 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年〜2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011〜2014
 2003年〜2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1