春キャベツ
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ
       2019年 春 ( 12 )   *  
 441  囀や 和せば澄みゆく 人の声
 442  輪唱の 次は独唱 百千鳥
 443  声すれど 木の葉隠れの 百千鳥
 444  神木の このもかのもや 百千鳥
 445  火の鳥か 旭暉が中の 百千鳥
 446  梢より 翔たば火の鳥 百千鳥
 447  羽ばたけば 春光はじく ほかはなく
 448  枝々に 隠れて見えて 鳥の恋
 449  森深し 鳥の巣くふも 一枝にて
 450  樹に寄りて 鳥は南枝に 巣を構ふ
 451  猫や犬 ゐるがごとくに 巣燕も
 452  老いらくの 頭にかざす 春キャベツ
 453  訳ありの 春のキャベツも 棚にのり
 454  広島風 お好み焼に 春キャベツ
 455  春眠や 妻が小言も 夢の中
 456  春眠の 虜となりて 眠るのみ
 457  春眠やふくらむ夢を 割りもして
 458  春眠や 叩きて起こす 老い頭
 459  乳飲み子の 睫毛ちち色 春眠る
 460  こち向けや 春眠深き コアラの子
 461  春や顎 はづるるほどの 大あくび
 462  六甲の 端に鉢伏 山笑ふ 須磨・鉢伏山
 463  幾重にも 重なりあひて 山笑ふ
 464  山笑ふ 横一列に 連なりて 六甲連山
 465  六甲や 低き山ほど よく笑ひ
 466  山笑ふ 頂めざす 子らの声
 467  山笑ふ 行人多き 街を抱き
 468  あつはつは うつふつふふと 春笑ふ
 469  横日して 縦の影なす 竹の秋
 470  沖つ島 ふりさけ見れば 霞なか
       国生みの島・淡路島
 471  国生みや 遠六甲に 霞立つ
 472  重畳の 山並みはるか 霞立つ
 473  須磨浦も 須磨三山も 霞なか
 474  海峡や 大橋高く 夕霞む
 475  霾や 我にもありし 蒙古斑
 476  真夜の空 ひび割るるかに 春の雷
 477  齢きて 薹立つころや 花大根
 478  皺深き 祖母が指先 花大根
 479  種蒔くや すぐに芽を出す 南瓜かな
 480  地に菫 天に真白き 天守閣 姫路城

      2019年 春(11)へ  TOPへ  2019年 春(13)

     俳 子 の 俳 句 横 丁


 2019年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
        / 9 / 10 / 11
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16
        / 17 / 18 / 19 / 20
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13 / 14
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5

 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年〜2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011〜2014
 2003年〜2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1