六甲山牧場
 
        
   蝌蚪の陣
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ
        2019年 春 ( 10 )   *  
 361  捌きても 酒徒に食はすな 桜鯛
 362  宵までに 食べて残すな 桜鯛
 363  日に透けて 波のかけらの 桜貝
 364  おおきにと 両手に受くる 草の餅
 365  草餅に 口元ゆるむ 硬骨漢
 366  むつかしき 顔して老が 桜餅
 367  溜息か 安堵の息か 蓬餅
 368  若草を 食む緬羊の 横並び 六甲山牧場
 369  噛むやうに 牛乳を飲む 牧の春
 370  園児らの 数より多き チューリップ
 371  山門の 柱六本 四方の春
  四脚門には、2本の門柱(円柱)と4本の控柱(角柱)の計6本の柱がある。
 372  暖かや 座りしままの 太閤像 有馬温泉
 373  行間に にじむ情愛 暖かし
 374  六甲の 西端にひとつ 春の星
 375  春宵や 神戸元町 裏通り
 376  春宵に 君のまねして 歌ふ唄
 377  春宵に 小指の傷を 隠し持つ
 378  春潮の 櫂の雫を ぬぐはばや
 379  一握の 砂もこぼせじ 啄木忌
 380  寄すは見え 引くは目立たず 春の波
 381  兵庫津や 春のさざなみ 絶えもせで
 382  春磯の 岩場ぬめりに 佇ちつくす
 383  春宵の 月を待つなら 現光寺 須磨・現光寺
 384  須磨訪はな 春望月の 出づるとき
 385  蝶生まる 月光匂ふ 暗がりに
 386  幾万の 初蝶いづる 玉手箱
 387  肌にまで 伝はる羽音 黒揚羽
 388  静か日に 蝶の羽音を 聞くごとし
 389  羽音より 更にかそけき 蝶の息
 390  野の花に 触れては離れ 春の蝶
 391  吸蜜の 蝶の口吻 巻きもどる
 392  紋黄蝶 去りてひらがな ちりぢりに
 393  ひかり野へ 蝶はてふてふ 飛んでゆく
 394  水痩せて 蝌蚪ゐるだけの ビオトープ
 395  尾を振りて わづかに進む 蝌蚪ひとつ
 396  水音に 驚天動池 蝌蚪の陣
 397  一水に 一離一合 蝌蚪の陣
 398  黄ばみたる 腹見せ蝌蚪の 裏返る
 399  乱れては また整然と 蝌蚪の列
 400  脚出でて 尻尾の消ゆる 蝌蚪の変

      2019年 春(9)へ   TOPへ    2019年 春(11)

     俳 子 の 俳 句 横 丁


 2019年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
        / 9 / 10 / 11
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16
        / 17 / 18 / 19 / 20
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13 / 14
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5

 2020年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年〜2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011〜2014
 2003年〜2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1