*



                      蝉声や まだ薄暗き 明けしじま

                      土闇を 出でてみ空へ 蝉生まる
                      天つ日に 恋焦がれてや 蝉生まる

                      初蝉の 羽透き通る 朝かな

                      蝉殻の 緑に染まる 朝まだき
                      空飛ぶを 夢見しごとく 蝉の殻

                      空広く 光まぶしき 蝉の夏
                      初蝉の 木の葉隠れに 鳴きにける

                      腹中の 虚にして蝉の 声高し
                      樹皮色に 染まりて静か 啞の蝉

                      山里の 雨降りやめば 蝉時雨
                      蝉時雨 里行く人の 影もなく

                      石古りて 外人墓地の 蝉時雨
                      蜩や 人の命の はかなくて

                      夕蝉や 丹生の無動寺 不動尊

                      山寺の 木に鳴き暮れて 蝉死せり
                      落蝉の 亡骸軽ろし 夕山河     俳子


                   
                   羽化したばかりのクマゼミ     写真はBさん提供 (C) Copyright, Mr.B. all rights reserved.
                        
                           
               
                           アブラゼミ    写真はBさん提供 (C) Copyright, Mr.B. all rights reserved.
                          
            
                   
                             アブラゼミの抜け殻
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 フォト俳句・いい日 旅立ち
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

      俳子のインターネット歳時記 夏



     夏…… 子供の日   新緑   牡丹   鉄線花   スズラン

          桐の花   雛罌粟   えごの花   海芋   薔薇   野苺

          山法師の花   昼咲月見草   ハーブ      花菖蒲

          睡蓮   栗の花   青梅   紫陽花   枇杷   尺取虫

          蝸牛   ノウゼンカズラ   合歓の花   百合   ヤブカンゾウ

             桑の実      蜘蛛   向日葵   蜻蛉

          蚊/ががんぼ   川床   雲の峰   夕焼   百日紅


      春・秋・冬……俳子のインターネット歳時記 INDEX