童謡の里・龍野                       *



                       秋深む 播州揖保の 水清し

                       いづこにも 歌碑句碑ありて 旅の秋    俳子



                               写真はBさん提供 (C) Copyright, Mr.B. all rights reserved.

      
                     ゆるやかに蛇行しながら流れている揖保川
               写真には写っていませんが、画面左下方面に龍野の町、家並みが広がっています。
    
       
                         龍野には昔ながらの町並みが今も残っています。
    
        
                     カネイ醤油の蔵(中央に突き出た煙突はレンガ造り)   
    
       
     龍野城-1499年に赤松村秀が鶏籠山に山城を築いたのが、その始まり。
          江戸時代に京極高知の丸亀移転の際に一度、破却され、1672年に脇坂安政によって再建された。
          その時、山麓のみを整備した陣屋形式の城郭になった。現在の本丸御殿は1979年に再建されたものだそうです。
     
       
                    龍野城跡にある資料館に置かれた童謡「赤とんぼ」の歌詞屏風
                     龍野は、童謡「赤とんぼ」の作詞者三木露風の生誕地です。
    
        
                    龍野公園内にある「童謡の小径」の入り口       
    
      
                           サトウハチロー「ちいさい秋みつけた」歌碑
       童謡の小径には、童謡「赤とんぼ」「里の秋」「夕焼け小焼」「七つの子」「ちいさい秋みつけた」「七つの子」
       「月の砂漠」「叱られて」の計8曲の歌碑があって、歌碑の前を通ると、懐かしいメロディーが流れてきます。
                  龍野には日本のふるさとがある…そう感じた小さな秋の旅でした。
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
     ホームへ

      フォト俳句・いい日 旅立ち


   福原京跡と兵庫津の道を訪ねて   灘の酒蔵探訪
   神戸人工島の街おこし(観光)   神戸人工島の街おこし(先端医療)
   城下町の街おこし・彦根   神戸空港からの旅・北海道(道南)
   童謡の里・龍野   ロンドン游学記    タイ旅行記