神戸ルミナリエ 2017
 
        
 うろこの家の
  サンタクロース飾り
 
      
    萌黄の館
 
      
  萌黄の館の暖炉
 
       
世界一高いクリスマスツリー
    (あすなろの木)
 
         
  湊川公園 手しごと市
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ
         2017年 冬 ( 5 )  *  
 165  深空より 神の一撃 冬の雷
 166  冬ざれや インスタ映えの 景もなく
 167  川の面に 冬霧の湧く 朝まだき
 168  細りつつ 途切れもせずに 冬の川
 169  冬川に 水のやつれの 見えて来し
 170  冬川に 流して流し きれぬもの
 171  尾長鴨 臆面もなく 尻出して
 172  石投げて 遠き音する 冬の池
 173  塩鯖を 担ぎてこゆる 冬の嶺 魚屋道
 174  風強し 口をへの字の 冬帽子
 175  道険し リュツクににじむ 冬の汗
 176  冬山路 引き返すには 遠過ぎて
 177  老の冬 駈けて転びて 麓まで
 178  山里の 冬を忘るる 日の表
 179  親と子の 溝は埋まらず 霜の夜
 180  息つめて 君がこゑ聴く 霜の夜
 181  満天に 星あり地には 霜の花
 182  背筋のぶ 霜美しき 朝なれば
 183  霜菊や 耐えて忍びて うらぶれて
 184  枯菊の 花まで枯れて 崩れざる
 185  残菊を 燃やさば白き 灰少し
 186  更くる夜や くもり眼鏡の おでん酒
 187  扉を開けよ 慈悲の門より 冬至光
 188  いくつもの 山河を越えて 冬至湯に
 189  冬至湯や 鈍なる我も 身の軽ろく
 190  館古りて 作り暖炉に 火を置かず 萌黄の館
 191  冬の灯に 身を寄せひとつ 屋根の下
 192  賛美歌や ひひらぎもちの よく熟れて
 193  あすなろの 聖樹あはれか ちまた空
 194  ゴンドラや 聖夜を昇り 降り来る
 195  聖夜餐 二人でわかつ パンの耳
 196  聖夜餐 二人にあまる シュトレーン
 197  縦のもの 横にもなせず 煤逃に
 198  冬日なか 手作り市の にぎはひて
 199  公園の 寒きにめげず 手作り市
 200  年の瀬に ものの哀れを 切々と
 201  忙しと いふにもあらで 年の暮
 202  指折りて 六日知らずの 年の関
 203  情報の 混濁迷路 年暮るる
 204  年尽くる 反故は破りて 捨つるべし
 205  除夜の鐘 をみなが撞けば をみなの音
 206  以上でも 以下でもなくて 除夜の鐘

       2017年 冬(4)へ  TOPへ  2018年 新年・冬(1)

      俳 子 の 俳 句 横 丁


 2017年…冬1 / 2 / 3 / 4 / 5
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
     新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7

 2020年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2016年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年〜2014年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2011〜2014
 2003年〜2010年… 俳子の俳句横丁 INDEX 1