イナゴのつがい
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ
         2017年 秋 ( 1 )  *  
  1  今朝の秋 親のめがねに かなふ吾か
  2  かみさんと 相愛なるか 今朝の秋
  3  今朝の秋 子に敬はるる 人なるか
  4  欲もなく 徳もなく生く 今朝の秋
  5  老い面の ほころぶゆるぶ 秋はじめ
  6  立秋の 豪雨と風の 迫る夜に
  7  雨台風 去りてすぐにや 道乾く
  8  残暑かな 鴉こゑまで 黒光り
  9  人混みを おろおろ歩く 残暑かな
 10  しんがりの 爺婆ふたり 残暑光
 11  殿様ばつた 下に下にと 徳川道
 12  土いなご 徳川道を 一つ飛び
 13  きりぎりす 蟻の入らざる 叢に
 14  きりぎりす 日ざし強きに 草匂ふ
 15  きりぎりす 草に宿りて 草に鳴く
 16  きりぎりす 叢茂一点 草の精
 17  草漕げば 舟避くるかに 螇蚸跳ぶ
 18  草一里 あまたの螇蚸 跳び立たせ
 19  田んぼには 遠き草原 いなご跳ぶ
 20  跳びのきて 草葉をつかむ 蝗かな
 21  追ふまへに 早逃げしたる 畦いなご
 22  畦草に あきたか蝗 わが肩に
 23  弱さうで 群るらば怖き 稲子麿
 24  捕るほどに いなご湧きくる 痩棚田
 25  炒り蝗 目にするだけで 鼻につき
 26  国憂ふ いなごのやうな 貌をして
 27  義を説けり いなごのやうな 声色で
 28  秋扇の 風にもなびく 面の皮
 29  うなづきて さはさりながら 秋扇
 30  生ぬるき 風をかへして 扇置く
 31  枝折戸に 朝顔の蔓 五六寸
 32  八月や 三百万の 墓標なく
 33  ご先祖と 孫ら迎へる 盆支度
 34  盆の月 この世あの世の 人踊る 
 35  盆踊る ひとつながりの 輪になって
 36  盆秋や 開けしままの 夜半の門
 37  隣り世に 行きつ戻りつ 盆とんぼ
 38  またしても 精霊とんぼ Uターン
 39  古る塚や 仏蜻蛉の 迷ひ来て
     塩屋・源平合戦戦歿者供養塔
 40  蜻蛉噛む 南無八幡を 唱えつつ

      2017年 夏(13)へ  TOPへ   2017年 秋(2)

      俳 子 の 俳 句 横 丁

 2017年…冬1 / 2 / 3 / 4 / 5
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
     新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
 2021年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2020年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2016年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年… 俳子の俳句横丁 INDEX 1