曼珠沙華
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ
         2017年 秋 ( 6 )  *  
 205  曼珠沙華 村人こもる 山城に  丹生山
 206  そこここに 烽火狼燧 曼珠沙華
 207  ここよりは 異界霊界 曼珠沙華
 208  比べたし この世あの世の 曼珠沙華
 209  曼珠沙華 いきなをみなに だまされて
 210  曼珠沙華 花開きても 萎れても
 211  鶏頭の 血染め花穂の 黒むほど
 212  山里は 谷より暮れて 吾亦紅
 213  晴々と やまと国原 稲の秋
 214  山里や 稲穂明りに 雀飛ぶ
 215  天よりの 祝福がごと 稲つるび
 216  稲穂垂る 有馬三万 六千石
 217  馬肥ゆる ドーナツ食はば 穴までも
 218  豊の秋 鳩とわけあふ パンの耳
 219  甘うまき 醗酵半ばの 葡萄汁
   神戸ワイナリー 農業公園にて 「ホイリゲ」期間限定販売中
   2017年は9/1(土)〜11/30(金)の間
 220  穂すすきの しなりて風を 押しかへす
 221  刈り残る 稲ひとつなき 夕棚田
 222  秋夕焼 吾よりも孫の 影長し
 223  秋宵や 神戸ビーフを めしあがれ
 224  諏訪山や 港こうべの 遠霧笛
 225  長三声 港はなるる 夕霧笛
 226  緬羊の 貌かたまりて 霧の中
 227  尾根険し 風の姿に 霧流れ
 228  夕霧に 佇むひとや 浮御堂 須磨寺公園
 229  霧出でて うすれあかりの 摩天楼
 230  霧出でて われに近しき ひとのこゑ
 231  霧みなと 君が手を振る 袖を振る
 232  霧の夜の 粋なマドロス リーゼント
 233  秋の夜に ゲストハウスの をみな客
 234  草庵の 灯火明るし 親しむべし
 235  絶句より 短き句をば 長き夜に
 236  長き夜に 唱ふる二百 六十字
 237  長き夜に グラスに注ぐ 琥珀色
 238  長き夜や ボトルワインの 飲み干され
 239  灯しても 消してもひとり 夜は長し
 240  長き夜に 数ふは獏か 緬羊か

        2017年 秋(5)へ  TOPへ   2017年 秋(7)

      俳 子 の 俳 句 横 丁

 2017年…冬1 / 2 / 3 / 4 / 5
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
     新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
 2021年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2020年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2016年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年〜2014年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2011〜2014
 2003年〜2010年… 俳子の俳句横丁 INDEX 1