花 氷
 
        
      貫頭衣
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ
        2017年 夏 ( 11 )  *  
 423  汗しとど 言ひ寄る顔の 嘘臭く
 424  我よりも わが匂ひする 夏帽子
 425  顔の汗 拭きても汗の 顔残る
 426  這へば餌 運べば蟻の 巣穴かな
 427  角振りて 強しぞおらが 甲虫
 428  片蔭の 絶えて真直ぐに 北野坂
 429  片蔭の 絶えて間遠き 橋の端
 430  大極暑 わが身いづこに 収めんや
 431  耳たぶを 団扇のごとく 印度象
 432  日輪に 恋ひ焦がれてや 蝉の夏
 433  蝉しぐれ 崩れて溶くる 角砂糖
 434  蝉の夏 大樹樹液の 濃く旨く
 435  墓山の 地鳴り空鳴り 蝉のこゑ
 436  山門に 入るをはばかる 蝉しぐれ 丹生山
 437  時経ても 同じ音量 蝉時雨
 438  落蝉の 上に落蝉 重ね落つ
 439  村民の 籠りし城に 蝉の穴
 440  日輪の 過ぎて向日葵 下を向く
 441  むくつけき 男の作る 夏料理
 442  友以上 恋人未満 かき氷
 443  舌頭に 載せて氷菓の 融くるまで
 444  花の華や 氷柱に 閉ざされて
 445  ひやこひと 十指の触るる 花氷
 446  花氷 撫づる手先の うす痺れ
 447  目をあくる 人形のごと 昼寝覚
 448  昼寝覚 黄ばみて古き 菱畳
 449  昼寝覚 ピントのあはぬ 古眼鏡
 450  昼寝覚 住むことできぬ 過去未来
 451  同じもの ひとつもなくて 瓜の花
 452  てのひらで 叩かばわかる 瓜の味
 453  夏座敷 黙して膝を 崩さざる
 454  正座して 膝に手を置く 端居かな
 455  扇ぐほど 病みつきになる 古団扇
 456  甚平や 貧まるだしの 膝がしら
 457  うすものの 薄き影ひく 宵明かり
 458  うすものを 着て影薄き 人のまま
 459  うすものに 透けて女の 水心
 460  薄衣を まとひて煙に 巻きしひと
 461  軽羅きて 胸板うすき 無頼派に
 462  風涼し 草木染めの 貫頭衣

      2017年 夏(10)へ  TOPへ   2017年 夏(12)

      俳 子 の 俳 句 横 丁

 2017年…冬1 / 2 / 3 / 4 / 5
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
     新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
 2021年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2020年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2016年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年〜2014年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2011〜2014
 2003年〜2010年… 俳子の俳句横丁 INDEX 1