薄  氷 
 
         
  海苔網が設置された
    須磨の海
 
         
   布引の早瀬
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ
        2017年 春 ( 1 )  *  
  1  立春の 川より山の 目覚めそむ
  2  立春の 日差しを返す 池の面
  3  立春の 四方にあまねき 光かな
  4  ぬくもりが 欲しいだけです 今朝の春
  5  春起つや 噂話も 声高に
  6  六甲の 山坂下る 余寒かな
  7  冴返る 裏六甲の 峡の底
  8  冴返る 微動だにせぬ 山ありて
  9  感性の とぎすまされて 冴返る
 10  雪消水 入りて騒めく 汽水域
 11  薄氷の 解けゆくきはの 艶めける
 12  薄氷の とけて小沼の 深濁り
 13  薄氷の 解けて凍りて 端ふた重
 14  薄氷の とけて凍りて 皺深に
 15  うすらひの 水へとかへる まろき刻
 16  薄氷の とけて池面の 強日差し
 17  春浅し いまだ動かぬ 森の景
 18  逢ひにゆく 春まだ浅き 北野坂
 19  冬炬燵 気づけばすでに 春炬燵
 20  暖かや 俳子貧家の 小さき灯
 21  須磨海苔の 採取活況 もぐり船
 22  海苔網を くぐりて自動 摘採船
 23  浜閑散 海苔干す人の 姿なく
 24  生海苔を 干すは昔や 須磨が浜
 25  二ン月や 音なく落つる 砂時計
 26  二ン月や 谷の底ひを 水流れ
 27  春一番 海榮門の 彼方より  神戸南京町
 28  風神も 恋に激すか 春一番
 29  春一番 二番三番 次々と
 30  春は来ぬ 川瀬の水の 明るさに
 31  うねりつつ 早瀬に奔る 春の水
 32  日と月に 明るき空ぞ 春めける
 33  さきがけて まづは空より 春めける
 34  春めきて 五色塚より 届く風
 35  春めくや 男波女波の 須磨が浜
 36  春めくや 迷ひて歩く 山路さへ
 37  天空に 近き霊峰 春めける  摩耶山
 38  春めきて 山里のいき ものがたり
 39  地球型 惑星七個 春めける
   2017年2月22日付英科学誌「ネイチャー」に掲載
 40  春めきて 双子バギーが 街を行く
 41  春めきて 洒落か駄洒落か オヤジギャグ
 42  春めきて 欠伸ひとつを 噛み殺す
 43  春めきて 猫の足裏 パンチかな
 44  春めきて なにかいいこと あるやうな

     2017年 新年・冬(7)へ   TOPへ   2017年 春(2)

      俳 子 の 俳 句 横 丁

 2017年…冬1 / 2 / 3 / 4 / 5
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
     新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
 2021年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2020年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2016年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年〜2014年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2011〜2014
 2003年〜2010年… 俳子の俳句横丁 INDEX 1