ア  ブ
 
         
     ハナミズキ
 
       
      梨の花
 
     
     カリンの花
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ
        2017年 春 ( 11 )  *  
 401  春陽に 青地に白の 蜻蛉玉
 402  春の日に 写楽歌麿 大首絵
 403  われ恋ふも 鳥の睦むも 森の春
 404  恋の春 伝はりさうな 糸電話
 405  両手を ひろげて放つ 春日束
 406  木漏れ日の 恋しきころな 花水木
 407  幹太き 古木に梨の 花少し
        しあわせの村薬草園
 408  空まぶし 梨の花咲く 薬草園
 409  梨の花 うちの亭主は ろくでなし
 410  リラ咲けば くだるほかなき 女坂
 411  めでたさも かりんの花の 色香ほど
 412  花なずな 字中一里 山の野に
 413  なずな咲く むかしむかしの あるところ
 414  吾子らしく 生くればよきか 棘薊
 415  産土の 匂ひほのかに 桜餅
 416  さくら餅 おや指小指 舌つづみ
 417  辛党を 名乗るやからの 桜餅
 418  草餅や 鼻に草の香 喉に滋味
 419  ふるさとの 水は旨きか よもぎ餅
 420  草餅に 老が皺手の ためらはず
 421  草餅や ぴくりと動く 喉仏
 422  たちまちに 臓腑に入りぬ よもぎ餅
 423  草餅を 涙して食ぶ 齢かな
 424  寄り添ひて 陰陽となる 二輪草
 425  わだかまり 解けゆくころや 二輪草
 426  二輪草 夫婦和すれば 愉しかる
 427  使ひ古る 小俎に 桜鯛
 428  骨多き 粗煮もうまき 桜鯛
 429  毀したし たんぽぽ絮の 無瑕疵球
 430  鬼瓦 踏みて恐れず 雀の子
 431  傷口に にじむ体液 虻舐むる
 432  蠅よりも 凄みありけり 虻の面
 433  虻うなる 置きどころなき 二日酔ひ
 434  どこゆくか 知るは虻のみ 虻うなる
 435  一村が おのが隠れ家 虻逃ぐる
 436  一指差す 天上天下 虻一匹
 437  春眠と いへども早き 老い目覚め
 438  観音の みもとでしたき 春昼寝
 439  鳴きこゑの どこか間遠き 昼蛙

     2017年 春(10)へ  TOPへ   2017年 春(12)

      俳 子 の 俳 句 横 丁

 2017年…冬1 / 2 / 3 / 4 / 5
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
     新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
 2021年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2020年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2016年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年〜2014年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2011〜2014
 2003年〜2010年… 俳子の俳句横丁 INDEX 1