水枯れの長谷池
 
     
  須磨浦公園の松林
 
         
  須磨寺 弁慶ノ鐘
 
     
  ヒカンザクラ
 
 
   産湯の井の梵字石
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ
        2017年 新年・冬 ( 7 )  *  
 204  池涸れて 行き処なき 寒の鯉 森林植物園 
 205  池涸れて 枯睡蓮の むきだしに
 206  水涸れて なほ涸れ残る ひとところ
 207  冬の池 藍より深く 黒づみて  洞川湖
 208  花薄く 小ぶりなるかな 寒椿
 209  花びらの 痛みてなほも 寒椿
 210  寒椿 民家の増えし 二軒茶屋
 211  凍蝶の 生死を分かつ 一刹那        
 212  凍蝶の 動かざるまま こときれて
 213  寒海苔や 家郷捨てたる やさ男
 214  冬深し 松籟騒ぐ 須磨が浜
 215  鐘つかば 弁慶殿の 大くさめ
        須磨寺 弁慶ノ鐘
 216  荒れもせず ゆきとどきもせず 冬菜畑
 217  黒松の 列なす道や 冬ぬくし 須磨離宮道
 218  身中の おほかたは水 寒ゆるぶ
 219  極道の 避けてぞ通る 冬菫
 220  日脚伸ぶ 飛脚マークの 宅配便
 221  日脚伸ぶ 磴百余段 百度石
        有馬温泉 温泉神社
 222  かにかくに 思ひ惑ひて 懐手
 223  さうでなく こうでもなくて 日脚伸ぶ
 224  案ずれば 雲割る光 日脚伸ぶ
 225  日脚伸ぶ 我にもありし 青春譜
 226  目を細む 幼かはいや 冬日向
 227  冬ぬくし 大仏像に 慈耳ふたつ 能福寺
 228  野ざらしの 仏も冬の 日溜りに
 229  冬の日を のせてゆるぶや 須磨の浦
 230  冬の芽の いと小さきが 天を指し
 231  寒桜 花びら薄く 色淡く 兵庫区里山町
 232  寒桜 氷室神社の 道すがら
 233  義経の 通りし道か 寒桜
 234  さきがけて 駈けゆく人や 寒桜
 235  荒れ肌に うるほひもどる 春隣
 236  笑みをもて 迎へ入るべし 春隣
 237  間をあけて 話すロボツト 春近し
 238  春近し 大日如来 梵字石  産湯の井
 239  金鶏の 鳴きごゑ可笑し 節分会 
     神戸市北区有野町唐櫃字溝ノ下・山王神社
 240  鳩の餌を 掠むる雀 冬終る
 241  秀峰は 雲を離さず 冬終る

      2017年 新年・冬(6)へ  TOPへ   2017年 春(1)

      俳 子 の 俳 句 横 丁

 2017年…冬1 / 2 / 3 / 4 / 5
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
     新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
 2021年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2020年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2016年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年〜2014年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2011〜2014
 2003年〜2010年… 俳子の俳句横丁 INDEX 1