テングタケ
 
      
 須磨離宮公園の十月桜
 
         
 ダイアナ・プリンセス
  オブ・ウェールズ(秋)
 
     
  アサギマダラ
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ
        2016年 秋 ( 7 )  *
 258  縁の辺の 暗きに残る 虫の息
 259  ひとり夜に 忍音細き 虫名残
 260  流星の 輝き瞬時 星死せり
 261  恋ひぬれど 届かぬ想ひ 星流る
 262  星屑も 流らば光る 夜なれや
 263  国を捨て 家族を捨てて 流星に
 264  またひとつ 星の流るる 虚空闇
 265  長き夜の 刻を数へず ひとり酒
 266  長き夜や 手元のくるふ 未練酒
 267  長き夜や 君酒こぼす ことなかれ
 268  こちになし あちにもなしと 茸狩
 269  目にするは 見るも怪しき 毒きのこ
 270  山路辺の 朽木にあまた 毒きのこ
 271  おほかたは 名さへ知らざる 雑茸
 272  茸生ふ 魔性の菌を はびこらせ
 273  毒茸や 月夜の森の 闇に生え
 274  毒茸や 美しく妖しき 光もち
 275  毒きのこ 食べて激痛 武勇伝
 276  天狗茸 貪欲怒り 愚痴の毒
 277  森闇に 茸博士の 声高し
 278  前年の その外側に 茸生ふ
 279  松茸の いづこなるかや 左見右見
 280  やみくもに 松葉隠れの 茸追ふ
 281  松茸の ありどを知るは 主のみ
 282  茸狩 とは名ばかりの 山徘徊
 283  採れたての 茸づくしの 夕餉膳
 284  手ひねりの お猪口かはいや 温め酒
 285  離宮邸 跡に十月 桜かな
      須磨離宮公園・植物園
 286  華麗なる 旧家が華や 帰り花 (季・冬)
 287  色変へぬ 松や主は 変はれども
      須磨離宮公園・和室
 288  秋そうび ダイアナ王妃 笑むごとく
 289  まれびとの ごとく舞ひ降る 秋の蝶
      アサギマダラ
 290  秋蝶の 旅にしあれば 淋しらに
 291  羽閉じて 鵯花に 憩ふべや
 292  風立てば 空恋ふ秋の 蝶となる
 293  羽ひろげ 螺旋に昇る 秋の蝶
 294  高空の 気流速しか 秋の蝶
 295  秋蝶の 空高ければ 風速し
 296  天翔けて 秋蝶青き 空となる
 297  秋蝶に 風の道あり 海渡る
 298  秋蝶や 風飛万里を 越えゆかば

      2016年 秋(6)へ  TOPへ   2016年 秋(8)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2016年…冬1 / 2 / 3 / 4 / 5
      秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
      夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
      新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5
 2021年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2020年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2015年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年〜2014年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2011〜2014
 2003年〜2010年… 俳子の俳句横丁 INDEX 1