森林植物園の白梅
 
      
 洞川梅林の紅梅
 
      
「弘法大師修法の地」碑
 
         
 春霞(菊水山より望む)
 
        
   桜谷の渓流
 
       
   ボタンの芽
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ
        2016年 春 ( 2 )  *  
 41  岡本の 一目千本 梅香る
 42  梅日和 攝津岡本 保久良山
 43  遠目にも 紅白梅の 園なりし
 44  紅梅の 高きに結ぶ 恋御籤 生田神社
 45  景季が 箙に挿しし 梅白し 生田神社
 46  景季が 箙の梅の 血染めなる
 47  白梅の 開ききりてや 緩びなし
 48  花芯より 色こぼすかに 濃紅梅
 49  紅梅の にぎにぎしくも 長き蕊
 50  咲き満ちて 騒めく梅と なりにけり
 51  農小屋の 毀つるままに 梅真白
 52  竹林の 奥の捨て畑 梅二月
 53  隠れ里 めきて藍那の 痩野梅
 54  空海の 修法せし地 梅二月
 55  洞川の 源流を経て 梅林へ 洞川梅林
 56  梅咲きて 下おのづから 径となる
 57  二ン月の 薄暗がりに 光射す
 58  きさらぎの ひかり満つるに 目を細め
 59  きさらぎの 夜のやすらぎ 家灯(いへともし)
 60  如月の 望月が浜 潮満つる
 61  如月の 寒暖の差に 辟易し
 62  六甲の 山並み幾重 霞立つ
 63  せせらぎの 光はねくる 春となる
 64  春水の やすやす越ゆる ぬめり石
 65  伏流に なれるもありて 水の春
 66  印南野を うるほす疎水 水温む
            山田川疎水
 67  春兆す 原を歩めば 草のこゑ
 68  春めきて 芒つのぐむ 原野かな
 69  春寒し 平家落ちゆく 須磨狭間
            磨塩屋口
 70  春寒の 場末の路地に 迷ひけり
 71  春寒し 駄洒落上手の 笑ひ皺
 72  パソコンも テレビもいらず 春炬燵
 73  春炬燵 守りて 城の主なる
 74  物忘れ それとも痴呆 春炬燵
 75  幸せと 思ふ幸せ 春炬燵
 76  場違ひな 長物なれど 春炬燵
 77  啓蟄や もそりのそりの 遅目覚め
 78  炎精か エロスの神か 牡丹の芽
 79  蒼天に 諸手あぐかに 牡丹の芽

     2016年 春(1)へ  TOPへ   2016年 春(3)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2016年…冬1 / 2 / 3 / 4 / 5
      秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
      夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
      新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5
 2021年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2020年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2015年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年〜2014年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2011〜2014
 2003年〜2010年… 俳子の俳句横丁 INDEX 1