カフェ&レストラン 旧居留地十五番館(2)  **

  「Cafe de Kobe 旧居留地十五番館」は、2012年2月29日に閉店し、
    9月15日、 レストラン「TOOTH TOOTH maison15th」(TEL 078- 332-1515)として新たに生まれ変わりました。
    本稿は、閉店前の「Cafe de Kobe 旧居留地十五番館」時代の様子を伝える記録として、
    それなりの意味があり、改稿することなく、引き続き公開することにしました。
     レストラン「TOOTH TOOTH maison15th」の訪問記はこちらのページをご覧ください。


 このページでは、
  旧居留地十五番館の周辺情報をお届けします。



  左写真は旧居留地十五番館全景


    2階の向かって左隅の部屋で食事しました。

    背後の総ガラス張り高層ビルが、
      旧居留地十五番館を所有している
      建材メーカー・(株)ノザワの本社ビル。
    (株)ノザワの概要は、
      ノザワ - Wikipediaを参照ください。 


                                                        


  神戸開港とともに開かれた外国人居留地

  神戸旧居留地の歴史は
    1868年の兵庫の開港により始まります。
  外国人居留地は、
    イギリス人土木技師J・W・ハートの設計をもとに
    126区画に整然と分けられ、
    外国商館を中心として、領事館やホテル、教会
    など、近代洋風建築物が数多く建てられました。


  左写真は旧居留地のあちこちにある花壇。
    写真中央に「神戸旧居留地」のロゴがあり、
    左右に往時を偲ばせる紳士淑女の絵柄が
    あります。


                                                    

 旧居留地に現存する近代洋風建築群を
    東側から順に見ていきましょう。



  旧居留地十五番館を一筋、東(京町筋)に行くと、
    神戸市中央区京町24番地に
    神戸市立博物館(左写真)があります。

  神戸市立博物館は、
    ・1935年(昭和10)に建てられた
      旧「横浜正金銀行」ビルを増改装した
      古代ギリシャ神殿風建物の博物館
    ・国宝の銅鐸・銅戈や古地図、
      南蛮紅毛美術品など
      約34000点のコレクションを所蔵しています。


                                                        

  旧居留地十五番館前の通り(浪花町筋)を
    南に100m行くと、国道2号線と交差する所に
    チャータードビル(左写真)があります。


  チャータードビル
        (神戸市中央区海岸通9番地)

    ・設計者はジェイ・ヒル・モーガン、
      1938年(昭和13)に竣工。
    ・英国のチャータード銀行神戸支店として
      使用されました。
    ・正面外壁にはイオニア式列柱、
      装飾が施された折れ天井、
      全面大理石貼の広大な吹き抜け空間
      などがあります。 


                                           


  浪花町筋の一つ西側の通りが播磨町筋。
    そのもうひとつ西・明石町筋にある
    近代洋風建築を、次に見てみましょう。



  左写真は旧居留地38番館。
        (神戸市中央区明石町40番地)

    ・南側正面に4本のイオニア式円柱がある
      アメリカン・ルネッサンス様式の近代建築。
    ・1929年にシティバンク神戸支店として建設。
    ・大正時代築の外壁が残されている神戸大丸
      百貨店2号館・3号館に隣接。
    ・ここは映画やドラマのロケ地として有名です。


                                            










  左写真は
    「NOF神戸海岸ビル」(旧海岸ビル)の4階部分。
           (神戸市中央区海岸通3番地)


  旧海岸ビルは、旧居留地38番館から
    明石町筋を南へ 200m行った所にあります。


                                         









   旧海岸ビルは、1918年(大正7)に、
    ・旧三井物産神戸支店として建てられたビルで、
    ・1995年の阪神淡路大震災で被災し、
    ・4階までの外壁を残して解体され、
     上層に近代ビル11階が増築されて、
     現在は、左写真のように
     15階建ての複合テナントビルとなっています。


                                               


  左写真は「商船三井ビルディング」
          (神戸市中央区海岸通5番地)

     商船三井ビルディングは明石町筋沿い、
     「NOF神戸海岸ビル」の向かい側にあります。


  「商船三井ビルディング」
    ・1922年旧大阪商船神戸支店として竣工、
      設計者は渡辺節。
    ・アメリカルネサンス様式の7階建てのビルで、
      最上部半円の破風やテラコッタ(装飾用の
      素焼きの陶器)をあしらった石積みの外壁、
      プラスター(しっくい)を使用した内装など
      が現存しています。


                                              





  「商船三井ビルディング」は戦災を免れ、
    阪神・淡路大震災の時も床の一部に
    ひびが入った程度ですみましたが、
    今後起きる可能性のある東南海地震にも
    耐えられるように、表から見えない中庭に
    ジャングルジムのように鉄骨を縦横に
    張り巡らせて耐震補強されました(左写真)。

  この補強工事の総工費は数億円。
    工期は約1年間で、
    2013年1月9日に完成しました。
      (この稿は2013年1月11日に執筆しました)


                                            




  東京の旧丸ビルが取り壊された現在、
   大正期の大規模オフィスビルとして現存するのは、
   大阪ビルヂング(渡辺節 設計)と、
   この商船三井ビルディングのみとなりました。


  商船三井ビルディングの石造装飾を
    見てみましょう。

  左写真は
   「商船三井ビルディング」西側門の石造装飾。
   壁面に施された石造装飾は手がこんでいて、
     一見する価値があります。   


                                       














  左写真は「商船三井ビルディング」西側門
    上部の石造装飾。


                                  














  左写真は「商船三井ビルディング」西側門を
    入ってすぐ正面の装飾


                                   







  左写真は「商船三井ビルディング」北側裏門

   ボランティア・ガイド
     (左肘に緑の腕章をつけている人)が、
     旧居留地を無料で案内しています。

   旧居留地のボランティア・ガイド詳細は、
     以下のサイトをご覧ください。
    ひょうごツーリズムガイド >神戸旧居留地コース


                                
 「商船三井ビルディング」追伸(2009.10.12執筆)

 本稿執筆後まもなく、大阪ビルヂングは
    老朽化のために取り壊すことが決まりました。
 大阪ビルヂングはネオ・ロマネスク様式の大楼。
    中之島通側玄関まわりの石造装飾を
    一目見ただけでも、保存の価値があることが
    歴然としているのに…、現代の技術で十分に
    補修補強可能なのに…、ああ…。
 歴史的遺産というのは、有形無形を問わず、
    現在、そこにあるだけで絶大なる価値を
    有しているものの総称であって、
    人はそれに接するだけで、よき薫育を受けます。
    それは、有能な教師を数多く集めても
    果たすことができない、質的な高さをもった訓育、
    <文化の極み>ともいうべきものであって…、
    そうした基となる歴史的遺産を失えば失うほど、
    文化は痩せ細っていくのではないでしょうか。

                                                                       
                     本稿は2009年3月に執筆、2009年10月と2012年11月に一部加筆しました。
                                          
                            前のページへ    このページのTOPへ    次のページ

     神戸の三ツ星を探す旅  神戸グルメ紀行


 カフェ&レストラン 旧居留地十五番館(1)  カフェ&レストラン 旧居留地十五番館(2)
 <旧居留地十五番館・起業家と街づくり>考  レストラン「TOOTH TOOTH maison15th」
 スイスシャレー  須磨観光ハウス 味と宿 花月
 神戸迎賓館須磨離宮レストラン「ル・アン鸞」
 写真集 旅&イベント
 いい日 旅立ちの記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸イベント写真集
   ホームへ