カフェ&レストラン 旧居留地十五番館(1)              *

    

  「Cafe de Kobe 旧居留地十五番館」は、2012年2月29日に閉店し、
    9月15日、 レストラン「TOOTH TOOTH maison15th」(TEL 078- 332-1515)として新たに生まれ変わりました。
    本稿は、閉店前の「Cafe de Kobe 旧居留地十五番館」時代の様子を伝える記録として、
    それなりの意味があり、改稿することなく、引き続き公開することにしました。
     レストラン「TOOTH TOOTH maison15th」の訪問記は、こちらのページをご覧ください。



  神戸の三ツ星を探す「神戸グルメ紀行」
    今回(2009年3月)は
    「cafe de Kobe 旧神戸居留地十五番館」を
    訪ねました。


  cafe de Kobe 旧居留地十五番館
     〒650-0035 神戸市中央区浪花町15番地
     TEL:078-334-0015
     営業時間…11:30〜22:00
     定休日:毎週月曜日(祝日の場合は火曜日)
     アクセス:JR神戸線「三宮駅」
             もしくは「元町駅」から徒歩10分

  左写真は「cafe de Kobe 旧居留地十五番館」の表札 


                  







  左写真は旧居留地十五番館の南面


  旧居留地十五番館はコロニアルスタイルの建物
    ・柱頭飾りのある柱列
    ・2階の南面にベランダがある
       などの特徴をもつ。

  現在は、フランス料理を楽しめるカフェ&レストランや
    結婚式場として、市民に親しまれています。
  


                 








  旧居留地十五番館は
    ・明治13年(1880年)頃に建設され、
    ・明治14年(1881年)から10年間は
       アメリカ領事館として使用された
    ・旧居留地に現存する唯一の商館で、
    ・重要文化財指定建造物


                                             










  これくらい舞台装置の整ったカフェ&レストランは
    めずらしい。

  俳子がごとき無骨者には敷居が高いけれど、
    意を決して正面玄関(左写真)から入ることに…


                     



  玄関ホールを向けて階段を上る手前に、
    イオニア式の柱列にアーチを架けた
    セルリアーナの仕切り(灰色部分)があります。

    柱は木製で、
    胴膨らみと、18本のフルーディングがあり、
    柱頭には漆喰で形作りされたヴォリュートと
    呼ばれる渦巻形があります。

  この柱は十五番館の見所のひとつだそうで、
    写真を必ず撮るように、
    お店の人に勧められました。


                  















 左は柱頭の拡大写真。


              











  階段を上ってすぐのところにある部屋。
    ここでワイングラスを傾けながら、
    麗人来たるを待つ…というのはどうでしょう。


                    








  2階の西南角の部屋に通されました。

  窓の向こう側はベランダになっていて、
     旧居留地の街並みを眺めながら、
     四季折々のデザートやコーヒーを楽しむ
     ことができるようになっています。 


                   
  
  写真は「cafe de Kobe 旧居留地十五番館]」の
          公式ホームページ(現在休止中)より転載  




  「3月の旬のおすすめコース」を注文しました。

    高知県夜須町で採れたフルーツトマト、イベリコ
    豚背肉とホワイトアスパラガスのサラダ仕立て、
    キンメ鯛のヴァプール うすい豆のピューレ添え、
    オーストラリア産ボビーヴェールのロースト、
    十五番館名物一口ハヤシライス、
    桜のアイスクリームとリンゴのコンポート、
    コーヒー

  談笑しらがら、2時間かけて食べました。
    上品な、よいお味でした。

 


                    


  「神戸グルメ紀行」なので、
    出てきた料理の写真がないと
    格好がつきませんが、
    料理を味わうことに夢中で、
    写真を撮るのを忘れてしまいました。
  
  そのことに気づくのが遅くて、
    最後のデザートだけ、かろうじて映しました。

  リンゴのコンポートは温かくて、アイスクリームと
    よくマッチしていました。
    添えられていたペパーミントが香ばしくて、
    春到来を実感しました。  


                                   



  最後にコーヒーを飲んで、
    連れたちが帰り支度を始めたころ、
    部屋に暖炉があることに気づきました。

  この暖炉は、ちょっと目には分かりませんが、
    居留地の歴史の刻まれた時代もので、
  暖炉の枠金物はW.JACKSON.&.SON NEW YORKの
    刻銘があって、ニューヨーク製。
  炉前床タイルはMINTONS CHINA WORKS STOKE
     ON TRENTの刻銘があるイギリス製。
    タイルは震災で割損していたものを継ぎ合わせて
    意匠を複製・補足された とのことです。


                  








  左写真は、玄関入って右すぐにあるフロント部屋。
    連れが精算している間に撮影しました。

  リーズナブルな予算で、
    おいしい食事が食べれて、
    居留地文化の一端に触れることができて、
    ちょっと申し訳ないような、
    楽しいひと時を過ごすことができました。

                                                     
                                           このページのTOPへ    次のページ

          神戸の三ツ星を探す旅
                神戸グルメ紀行


  カフェ&レストラン 旧居留地十五番館(1)   カフェ&レストラン 旧居留地十五番館(2)
  <旧居留地十五番館・起業家と街づくり>考   レストラン「TOOTH TOOTH maison15th」

  スイスシャレー   須磨観光ハウス 味と宿 花月
  神戸迎賓館須磨離宮レストラン「ル・アン鸞」

 写真集 旅&イベント
 いい日 旅立ちの記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸イベント写真集
    ホームへ